<国際技術協力ボランティアの募集>

 

国際技術協力ボランティアに登録し、環境技術研修コース(プログラム)の策定や環境技術研修生の受入れ等に参加してみませんか。

 

募集要項

1..趣旨
2..応募資格
3.必要とする環境技術専門分野
4.国際技術協力ボランティアに参加していただく主な仕事
5.注意事項

    登録申込フォーム

<国際技術協力ボランティア募集案内>

 下記要項で国際環境技術協力支援ボランティア(国際技術協力ボランティアと略称)の募集をいたします。多数のご応募をお待ちしております。
特に、環境技術の専門分野の経験をお持ちの企業OBの方、元シニア海外ボランティアの方等を歓迎いたします。
あなたの専門技術を生かして国際協力に参加いただける良い機会かと思います。

 

1.趣旨

 環境保全に当たって宇部市内の市民、学者、行政、企業の4者が話合いで公害の未然防止と環境問題の解決を図った、いわゆる「宇部方式」が国際的に認められ1997年に国連環境計画(UNEP)より宇部市が環境の保護及び改善に功績のあった個人及び団体に対して贈られる「グローバル500賞」を受賞いたしました。これは「宇部方式」の理念が、公害問題を抱える途上国における環境の保護及び改善に広く活用できるものとして期待された結果であるとともに、途上国をはじめ深刻な環境汚染に直面している諸外国への国際協力が求められているものと考えられます。
当協会は上記受賞を機に、国際的視野に立って地球環境の保全活動に積極的に貢献していくことを目的に設立され、現在@海外環境技術研修生の受入れ、A「宇部方式」の世界への紹介、B市内企業の持つ環境技術のPR、C環境国際セミナーの開催等の事業を実施しております。
当協会では、上記@、Aについては主に国際協力事業団等の支援及び宇部市、企業(宇部興産等)の協力を得ながら実施しておりますが、いまだ独自の研修コースは「低公害練炭製造技術研修コース」1コースのみです。国際技術協力をさらに活発なものとするにあたって、当面技術研修生の受入れに注力する計画です。このためには途上国からの技術研修生の受入可能な複数の環境技術研修コース(プログラム)を新規に策定することが要請されています。
そこで、当協会では、環境技術経験者の方に環境技術専門分野別にボランティア登録していただき、環境技術協力の支援体制を構築したいと考えています。
登録された国際技術協力ボランティアの方には環境技術研修コース(プログラム)の策定や環境技術研修生の受入れ等に参加していただくことにしています。

 

2.応募資格

 (1)環境技術経験者の方
@企業のOB
A教職のOB
B行政等のOB

 (2)元青年海外協力隊員、元シニア海外ボランティア、元派遣専門家等


3.必要とする環境技術専門分野

(1)大気関係

(2)水質関係

(3)廃棄物関係

(4)環境科学

(5)ISO14001

(6)環境管理

(7)その他


4.国際技術協力ボランティアに参加していただく主な仕事

(1)環境技術研修コース(プログラム)の策定

   (2)環境技術研修のカリキュラムの策定

   (3)環境技術研修生の受入れ計画立案、実施及び評価

   (4)帰国研修生とのネットワーク構築

   (5)途上国の環境対策支援のための現地調査


5.注意事項

   (1)登録させていただいた国際技術協力ボランティアの方には登録通知と名簿を送付いたします。

   (2)登録は随時受け付けいたします。お申し出のない限り、毎年継続させていただきます。

   (3)具体的な支援内容は事務局と事前に協議の上、決定させていただきます。

   (4)支援をお願いした場合の謝金、旅費等は協会の規定によります。

   (5)事務所には、共用デスク、電話、共用パソコン、コピー機を準備しておりますので、ご利用ください。

 

宇部環境国際協力協会 UBE-IECA