第1回環境保全技術講座

防府市クリーンセンター及び日本製紙滑竝総H場見学会開催のご案内

本協会は、市民の皆様をはじめ企業・諸団体のご支援・ご協力により設立され、現在環境国際協力に積極的に取り組んでおります。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。

さて、最近生ごみや汚泥廃棄物を有効利用するバイオマス利用施設が注目されています防府市クリーンセンターの施設は、選別施設、バイオガス化施設、ごみ焼却施設、リサイクル施設を組み合わせた最新鋭のごみ処理複合施設です。選別施設において可燃ごみから選別された厨芥類などのごみは、下水・し尿汚泥とともにバイオガス化施設で高温乾式メタン発酵処理されます。そこで回収したメタンガスは、ごみ焼却施設において可燃ごみやメタン発酵残渣の焼却時に回収した蒸気の過熱に利用され、高効率な廃棄物発電を行います。これにより、この施設では最大発電量3,600kW、発電効率23.5%(基準ごみ時)という優れた環境・省エネルギー性能を実現します。発電した電力は、施設内で消費されるとともに、余剰電力を売電することで施設の維持管理費用の低減と、温室効果ガス(CO)排出量削減に貢献します。また、焼却施設より発生する焼却灰および飛灰は、セメント原料として利用されます。また、日本製紙滑竝総H場では塗工紙や情報用紙を生産しています、この工場は国内最大規模・最新鋭の回収ボイラー及びオンマシンコーター等を備え、省力化と生産性向上を図っています。また、瀬戸内海に面した臨海工場としてコスト競争力に優れた工場です。つきましては、最新のごみ複合処理施設としてこのたび新設された防府市クリーンセンターの見学と、塗工紙や情報用紙を生産している日本製紙滑竝総H場の見学をいたしますので、奮ってご参加くださいますようご案内いたします。

日   時:8月22日(金) 8:30〜17:40

集合場所:宇部新川駅前又は宇部市役所前バス停(貸切バスにて移動します)

見学先 :防府市クリーンセンター   防府市大字新田内

          日本製紙滑竝総H場    岩国市飯田町2−8−1

募集人員:40名(先着順)   

参加費(バス代、保険料込み):大人1500円、小学生以下500円(当日集金します)

申込締切:8月14日(

申込方法:参加を希望される場合は、氏名(大人、小学生以下もお知らせ下さい。)

連絡先電話番号、バスの乗降場所をFAXE-mail、郵送又はTELにより事務局へお申し込み下さい。
定員を超えた方へはご連絡いたします。
事務局から連絡のない方は参加の受付が受理されております。お申込書はこちら

【スケジュール概要】

830        宇部新川駅前発(集合場所:山産ビル前バス停:地図内@)地図はこちら

840        宇部市役所前バス停発(集合場所:地図内A)

840950   バス移動

10001100   防府市クリーンセンター見学 

11101230  昼食(イオンタウンのレストラン、各人支払い。)

12301350  バス移動

14001530  日本製紙滑竝総H場見学

15301740  バス移動→ 宇部市役所前山口銀行側バス停→宇部新川駅前 帰着予定             

※行程によっては到着時間が遅れる場合もあります。

※参加者には団体傷害保険をかけさせていただきます。

※見学会当日は発車時間までにご希望の集合場所へお集まり下さい。

※宇部市役所駐車場ご利用の場合は無料駐車券をお渡しします。

※参加された方に『エコハ券』2枚を差し上げます。

【事務局】宇部環境国際協力協会
〒755-0045宇部市中央町三丁目12−19 オフィスOHI201
電話/FAX 0836−36−3199
Email info@ieca.biz