第1回環境保全技術講座
九州電力株ェ丁原地熱発電所見学会開催のご案内

本協会は、市民の皆様をはじめ企業・諸団体のご支援・ご協力により設立され、現在環境国際協力に積極的に取り組んでおります。当協会では来たる8月をもちまして設立15周年を迎えます。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。

現在我が国の主要なエネルギー源である石油・石炭などの化石燃料は有限のエネルギー資源です。これに対し、太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などのエネルギーは、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたいエネルギーと云われています。

九州電力株ェ丁原地熱発電所では地下700mから3000mくらいの深い井戸(蒸気井)を掘って、マグマの熱で熱くなった地下水を汲み上げて蒸気を取り出し、その蒸気でタービンを回して11万KWの電気を発電しています。また、従来の地熱発電方式では利用できなかった低温度域の蒸気・熱水での発電が可能となる地熱バイナリー発電装置の実証試験も実施されております。

つきましては、設立15周年記念の意味を込めて、再生可能エネルギーとして注目されている地熱発電所の見学と、地域おこしの成功例として九重“夢”大吊橋(九重町)の見学をいたしますので、奮ってご参加くださいますようご案内いたします。

日   時:4月20日(土) 7:30〜19:00
集合場所:宇部新川駅前又は宇部市役所前バス停
見学先:九州電力株ェ丁原地熱発電所 大分県玖珠郡九重町大字湯坪八丁原601番地
(貸切バスにて移動します)
募集人員:40名(先着順)   
参加費:大人1000円、小学生以下500円(当日集金します。)
申込締切:4月17日(水)
申込方法:参加を希望される場合は、別紙申し込み書に氏名(大人、小学生以下もお知らせ下さい。)、連絡先電話番号、バスの乗降場所を記載のうえFAX、E-mail、郵送又はTELにより事務局へお申し込み下さい。申込書はこちら
定員を超えた方へはご連絡いたしますので、連絡のない方は参加受付されたと見なしてください。

 【スケジュール概要】
7:30        宇部新川駅前発(集合場所:山産ビル前バス停:地図内@※裏面参照)地図はこちら
7:40        宇部市役所前バス停発(集合場所:地図内A※裏面参照)
7:40〜11:30   バス移動
11:30〜12:30  昼食(桂茶屋、各人支払い。)
12:30〜13:00  バス移動
13:00〜14:00  九州電力株ェ丁原地熱発電所見学
14:30〜15:30  九重“夢”大吊橋(九重町)見学
15:30〜19:00  バス移動→ 宇部市役所前山口銀行側バス停→宇部新川駅前 帰着予定             
※行程によっては到着時間が遅れる場合もあります。
※参加者には団体傷害保険をかけさせていただきます。
※見学会当日は発車時間までにご希望の集合場所へお集まり下さい。
※宇部市役所駐車場ご利用の場合は無料駐車券をお渡しします。

主  催 : 宇部環境国際協力協会            
      宇部市中央町三丁目12−19 オフィスOHI201
後  援 :宇部市
TEL&FAX :0836−36−3199           
URL : http://www.ieca.biz
E-mail : info@ieca.biz   




宇部環境国際協力協会 UBE-IECA